株式会社しろくま建物管理について

元々私矢口は千葉県でIT関連の職に就いておりましたが、余りの人の多さに気後れしてしまい、広い青空と広がる大地にあこがれ、24才のころ、このオホーツクの地に移住してまいりました。

そして、北見市の不動産会社に就職し、下積みを積み、平成26年2月に会社設立、9月に営業を開始しました。

物件ころがしのブローカーとしてでなく、正規のサービス業を極めたうえで、地域の皆様の暮らしに貢献したい、という強い思いを胸に、独立にほぼ見切り発車で踏み切りました。

今の形になるまでは、本当に山あり谷あり、色々なことがありましたが、私どもも日々成長し、何より、数々のお客様に支えられ、なんとか今まで会社を存続することができました。現在は、営業2名、事務2名で営んでおります。

当社のモットーは、うそをつかずに本当のことだけを話す、ということです。不動産はたいていの方にとって、人生最大の出費であり、または、人生最大の財産であります。そこで、いい加減なことがあってはならないのは、お分かりだと思いますが、それを徹底して行う、というのを社是としています。

特に、知ったかぶりや自分を取り繕って過大に見せることは自他ともに社員一同厳しく戒めて、徹底しています。

当社のメイン事業は、中古住宅の仲介でありますので、特に、デメリットを事前にお知らせすることを、メリットをお知らせすることと同様に最重要視しています。それは、これから一生その住宅にお住まいになられる買主様にとりまして一番大事なことであるとともに、売主様にとりましても、事後のクレームや争乱を引き起こさないという点で、極めて重要なことであり、かつ、最大の利益をもたらすものであると確信しています。

次に、営業スキルよりも、業務知識およびスキルの正しい習得と、不動産関連法制の正しい理解と運用を最重要視しています。正しい業務スキルは、正しい人格形成の土台が必須です。例えば、いくら腕のいい大工でも、ずるさを抱えていれば、お客様を利することは全くないのは自明であります。

北見市には、他の素晴らしい不動産会社さんも沢山あります。尊敬できる方々を見習い、良心的な同業者様と提携し、さらに当社はさらにその上のサービスを目指したいと思います。そのうえで、北見市全体の不動産業界を盛り上げていきたい、と思っております。

今、オホーツクを離れ、都会でお仕事をされる若い方が多い中、私はあえて、逆の道を選びました。それは、誰よりもこのオホーツクの地とオホーツクの方々が大好きだからです。その思いを不動産業を通して、これからもずっと表現していきたいと思っております。今後とも、よろしくお願いいたします。