売る前に知っておきたいこと 第4回 不動産査定について 1 相場の種類②

こんにちは、しろくま矢口です。相場には2種類あると、前回記させていただきました。

  1. その不動産自体の存在価値
  2. その不動産がその地域で流通するであろう価格

この二つですね。今回は、この二つについて、論じようと思います。

その不動産自体の存在価値と、流通するであろう価格の違いについて

まず、思い浮かべてください。ここに、時計があります。高級機械時計。

特殊な素材と機構を使って、数千万円の時計、なんていうのもザラにありますね。トゥールビヨンだとか、ビヨンセだとか、私にはよくわかりませんが、そういう時計は実在します。今回は、そのような時計を例にして、お話しさせてください。

まず、この時計は、数千万円の価値があるのでしょうか?

あるに決まっているだろ!と、オーナーの方の魂の声が聞こえます。数千万円はたいて買って、数千万円の価値が無かったら、本当に哀しいですよね。泣きたくなります。

そして、新品時より目減りしているかもしれませんが、数千万円の価値はきっとあると思います。素晴らしい時計ですから。

ただ、ここで言う価値は、その時計自体の価値です。

この時計が数千万円で売れるか?

多分、銀座だったら売れるかもしれません。でも、北見市限定で売れるでしょうか???

多分、無理でしょう。私の知っている社長さんで、数千万円の時計を持っている方、一人も知りませんし、まず、売れないでしょうね。

何が言いたいか、と言いますと、

  1. 不動産自体に価値があったとしても、その価格で流通するとは限らない
  2. 不動産は地域という成約があるので、さらに、流通性が限定される

この二つの事実があるということを、不動産売却の前に認識していただきたいのです。

例えば、時計で例えるのでしたら、ロレックス。機械時計としてポピュラーなロレックスなら、価値はありますし、その価値またはそれ以上の価格で売却は可能です。そして、それは北見市という地域限定だとしても、きっと流通することでしょう。

トラックの運転手の方から、不動産営業、銀行の偉い人、郵便局の偉い人、いろんな人でロレックス好きな人知ってます。年収少ないのに、無理してローンしてロレックスを買って、オレはロレックスが好きなんだ!人生ロレックス!、という感じの人も知っています。

私は、そんなに好きではないですけどね。。。50年前のリサイクルショップで買った5000円のセイコーの機械式時計の方が好きです。味がありますし。

まぁ、それはどうでもいいんです。時計の好みの話ではありません。

では、例えば、ユリスナルダンの時計では、どうでしょうか?

ユリスナルダンは、ロシア戦争時に日露両国に採用されていた、由緒正しい時計で、さらに、天体を模した超高級時計を出している一風変わってはいるがコンセプトとクオリティに芯のある、素晴らしいスイスの時計メーカーです。

というのは事実ではありますが、貴方は「はぁ。。。で?」って感じになったんじゃないでしょうか?

ただ、ユリスナルダンの良さがわかる北見市民は、時間の制約がなければ、いずれ出てくると思います。ただ、

「時間の制約が無ければ」

というのがミソで、ユリスナルダンの価値そのもので3か月以内に北見市で売らなければならない!という場合は、難しいかもしれません。銀座なら、あっという間でしょうけどね。

別に、銀座が素晴らしい街だ!ということを言いたいのではないです。ユリスナルダンは本当に素晴らしい時計です。ただ、理解者が少ないから、北見市で売れるのに時間がかかる、ということを認識してほしいのです。

私も、社長になったばかりのころ、社長なら、それなりの時計をするべきだ!と、言う人に煽られて、調子に乗って無理して20万円で質屋で買った時計がたまたまユリスナルダン製だったんですよ。私の宝物ですね。最近は、社長がどうあるべきだ、とか、そういう考え自体、ばかばかしいなーと思ってますが、高級時計を作った職人の心意気を想うと、胸が熱くなります。

新品ですか???時計でも車でも絶対に買わないですよ。それはポリシーですね。私はセカンドユースの流通のプロフェッショナルですから、中古で買えるものは全部中古で買います。だから、なんだ、と言われたらそれ以上は答えられませんけど。

まぁ、それは置いておいて、次回は、本題に入ります。要は、「どれくらいの売却期間を想定して、いくらで売りに出せばいいか?」ということなんですよ。